楽しみながらキレイになりたい!・・・ちょっぴり NewYork の話題も ♡
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TVドラマの時から見ていたものの映画化されてからは観に行ってなかったのに、「さらば」と言われてしまうと観たくなってしまうということで映画館へ行ってきました。

ブランクがあったおかげで、「あ〜、こうだった!こんな感じだった〜!」っていう懐かしさと、改めて感じる面白さ!
いい意味で昭和!

欲しがる前から銃撃戦が始まったり、「どうやって脱出したの?」って場面も、「ま…いっか!」って感じ。

最近は、よりリアルで現場に忠実なドラマが多かったりしますが、フィクションとして、これくら弾けた作品もあっていいですね。

そして、セクシー大下・ダンディ高山コンビが最高!素敵!
あれだけのアクションができるとは、普段から努力しているんだろうなって元気を頂きました。

横浜好きな私には横浜の風景を楽しめるのも醍醐味のひとつだし、車好きにもたまらない映画のようですね。

続編あったらいいな〜!


スポンサーサイト
狂気的な匂いのする作品って、怖いもの見たさが先に出るけれど、これはいろいろ考えさせられる映画でした。

生活も人付き合いも変わってしまう程に打ち込める姿がとてもうらやましい。
私は興味がコロコロ変わったり、すぐに飽きがくるから、これくらいの執着や集中力を何かに発揮してみたいです。

そして、天才的な何かを得ようと思ったら、やっぱり人並みじゃ無理。これは必要な狂気だと私は思いますね。



以下、ネタバレありです・・・


ノスタルジックな映画です。
もう何回目だろう・・・大崎ゲートシティホールでの試写会にまたまた行ってきました。いつもありがとうございます!

試写会で映画を見ることの良い面は、事前の情報がほとんどないので固定概念がなく観れること。正直、イタリア映画だということも、HPを開いて初めて気が付きました。 イタリア語わかんないもん。

IMG_1418_20130323121103.jpg

主人公のブルーノは、見た目からしてイケてないおじさん。。。でも、そのブルーノと親交を深め、後に共同生活を始めるルカ君がイケメン~ 公式HPのキャスト紹介にある写真なんて、昔のレオナルド・ディカプリオのような顔立ちです。なんとオーディションに友人の付き添いで行った時に監督の目に止まったそうで。

このルカ君のやんちゃっぷりがハラハラドキドキさせるんですけど、そこは最後までコメディ。ほんわかしあわせにストーリーは続きます。

原題の『Scialla!/シャッラ』は、「まぁいいから・なんとかなるさ・気楽にいこうよ」のような意味で使うローマの若者言葉ということ。原題のほうがとってもとってもしっくりきます。邦題のイメージと映画の印象が私的には全然違~う!
エンディングでも「Scialla!」がリピートされる歌があって、その歌が印象的。映画を見ている時は「Shut up」って言っているのかと思ったよ。
公式HPを開くと予告編が流れるので、その後半で歌が聴けますよ。

♡ 公式HP「ブルーノのしあわせガイド」



なんかとっても今さらだけど、私の大好きな映画です。もう何度見たかわかんない。^^ 私の持っているNYCのイメージそのもの。15年前の映画なのに、私の中ではいつもキラキラしてます。

この映画の舞台はウェストサイドです。H&HベーグルZABAR'SCafeLalo・Gray's Papaya、そしてリバーサイドパーク・・・あぁ、書いているだけでウキウキするぅ。
H&Hベーグルは昨年閉店してしまったようで残念ですね。(T_T)

こちらはリバーサイドパークの「The 91st Street Garden」です。
ラストシーンの場所♡ 全然雰囲気のある写真は撮れなかったけど。。。ごみ袋あるし・・・(^^ゞ

IMG_1242.jpg

セントラルパークも当たり前に素敵ですけど、リバーサイドパークは名前の通り川沿いなので違ったリフレッシュができて気持ちがいいです。

IMG_1243.jpg

ストーリーは言わずもがな…ですよね~。トム・ハンクスもメグ・ライアンも大好きっ!音楽もいい。

時代を感じるところと言えば、プロバイダーのAOL・・・。私も最初のプロバイダーがAOLでした。今やダイアルアップの接続音なんて聞くことないしねー。ま、どうでもいい話ですが。(^^ゞ

とにかくとにかくとにかく、、、これを見るとNYへ行きたくなりますっ!今年行けるかなぁ。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。