楽しみながらキレイになりたい!・・・ちょっぴり NewYork の話題も ♡
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
狂気的な匂いのする作品って、怖いもの見たさが先に出るけれど、これはいろいろ考えさせられる映画でした。

生活も人付き合いも変わってしまう程に打ち込める姿がとてもうらやましい。
私は興味がコロコロ変わったり、すぐに飽きがくるから、これくらいの執着や集中力を何かに発揮してみたいです。

そして、天才的な何かを得ようと思ったら、やっぱり人並みじゃ無理。これは必要な狂気だと私は思いますね。



以下、ネタバレありです・・・
途中、交通事故に遭うというのは驚いた!
予告にはチラッとシーンが出ているので予告を見ていたら予想できてんだろうけど、何も見ていなかったのでドキッとしました。

執着がすごいっていうのは表現できているのかもしれないけど、あの事故で動けるのって現実的じゃないから、せっかく引きこまれていたのに一瞬冷めちゃいましたね。(笑)

ラストの演奏というか対決がやっぱりグイグイきました!
信頼?憎悪?どっち?って困惑してしまうので、表情に釘付けになるのですが、そこがまた撮り方が上手だなぁって。ホォ〜!となりましたよ。

そして、とても懇願していたものを、まさに今手にしている…作り上げている…という瞬間を味わうかのようなフレッチャー先生が印象的でリピートして見ちゃいました。

また観たくなる映画でした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0bibibi0.blog29.fc2.com/tb.php/318-b1eecc47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。