楽しみながらキレイになりたい!・・・ちょっぴり NewYork の話題も ♡
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この出来事から約1ヶ月半、
ようやく弁護士会へ書類を提出しました。

私が選んだのは「仲裁センター」です。

仲裁センターは、強制ではありません。
話し合いのテーブルに、相手方が応じないということもできるので
提出の前に、相手方に「応じます」という旨を確認しました。

あっせん人(仲介人)は、申立人である私がリクエストできます。
性別や年齢、指名したい弁護士さんがいる場合は、指名も可能です。

私は「女性」であることと「この手の事案の経験がある」ことの2つの条件を伝えました。
あとは神様におまかせします。

そして私が手にしたいのは、下記2つです。
・慰謝料
・(独身と思い、誠実に交際をしていた)私に既婚者であることを隠して交際した事実を認める。

私は不倫を意図していなかったので、
奥様に慰謝料請求をされても却下できるという証明が欲しいのと、
貞操権を侵害されたことへの慰謝料です。

慰謝料の額面については、何度も何度も考えました。
自分が悩んだなかでの最低金額と最高金額には、大きな開きがあって
その時の感情にも左右されてしまうので、自分でも困りました。

最終的に金額を決め、全ての書類を提出できる状態になった時、
相手方となる彼に会いたい衝動にかられました。

クリスマスの夜から一度も顔を見ずに、やりとりをしていたので、
今ひとつ実感が伴わないし、今この時、どんな顔をしているのかを見たかったからです。
そして、会ったことで、私の感情がどう動くかを体験したかったから。

(たまたまなんですが)バレンタインデーの夜、顔を合わせることができました。
約3時間半会話をしましたが、途中の記憶が曖昧だったり、私の感情の噴出がすごくて、
相手にフォーカスできない自分がいました。

多分、平手打ちをしていたと思うんだけど、記憶がない。。。
感情に飲まれた行動はするまいと思っていても、
そうはいかない自分の弱さを目の当たりにしました。

そして、次の朝、書類を提出しました。

今はこの時のことを、思い出してはボーっとしてしまいます。
ただ、ここにいつまでも留まってはダメだし、
そんなに深刻に考えちゃいけないんです!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0bibibi0.blog29.fc2.com/tb.php/334-8422dd2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック