楽しみながらキレイになりたい!・・・ちょっぴり NewYork の話題も ♡
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、おばあちゃんがなくなった。

私には、母方の祖母が2人いて
1人は実のおばあちゃんだけど、乳児の頃に会っただけらしく
もちろん私の記憶にはない。

もう1人のおばあちゃんは、おじいちゃんの後妻さんで
小学生の中頃まで近所に住んでいた。

なので、こちらのおばあちゃんの事はよく覚えてる。

血が繋がってないことは、私がいつ知ったのかも記憶にないくらい
いつのまにか自然にその事実を知っていた。

私の母とも血は繋がっていないので、
母も後妻のおばあちゃんに関しては、とてもドライだった。

もう長くないらしいと聞いて、母は先週会いに行った。
首都圏から中国地方まで。
私は同行しようかと少し迷いながら、
仕事を休む事や交通費を躊躇して、行かずじまいだった。

昨日亡くなったことを聞いて、やっぱり少しだけショックだった。
やはり会っておけばよかったと後悔した。

おばあちゃんは昔、洋裁の仕事をしていて、舞台用の衣装を作っていた。
血が繋がっていない孫の私にドレスを作ってくれたことがあったな。
手首のゴムがキツくて、痛かったし、
ピンクのラメの生地が固くて着心地があまり良くなかったけど。

私は、おばあちゃんの事があまり好きじゃなかったけど、
おばあちゃんは私のことを自慢しているって、確か父が言っていた。

おばあちゃんは、とてもとても口が達者な人だった。
おばあちゃんは、台所の洗い物をマメに済ませる人だった。
おばあちゃんは、髪の毛が紫だった。
おばあちゃんは、霊感のある人だった。
おばあちゃんは、美容師の弟に髪を切ってもらって、嬉しそうだった。

結局、おばあちゃんは、本当の孫のように接してくれてた。
ありがとう。
おばあちゃん、ありがとう。

詳しくは知らないけど、後妻として来たとき、
綺麗事じゃない色々なことがあったと思う。
既に3人も子供が、しかも女の子がいたんだから。。。

だけど、私はどこかで、実のおばあちゃんの味方でありたいと思っていた。
だから、おばあちゃんにベタベタする孫ではなかった。

一度、育った街を一人旅した時も、おばあちゃんの家を通り過ぎただけで
姿が見えたのに声も掛けずに通り過ぎたことがあった。

色々あったような、なかったような関係だったけど、
病気ということでもなく、大往生だったそうで良かった。

おばあちゃん、おつかれさまでした。
おばあちゃん、さようなら。
心から、ありがとう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0bibibi0.blog29.fc2.com/tb.php/339-5c786b3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック